べアルさんの『絶対』ブログ

ジャスブロ.jp

だらだら文章書いて何がいけないんですか!? ねぇ!?

カンボジア旅行プランの紹介

12月31日から1月3日にかけて、カンボジアに行ってまいりました! いやー楽しかった!


そんなわけで皆さんにもこの楽しさ味わって頂きたいので、背中を押せるような記事を作って行ければと思っています。 みなさんも行きましょう!カンボジアに!

 

 

カンボジアの概要

そもそもカンボジアとは…うn。

僕が説明するまでもないですね。非常に細かく乗ってますのでwikiをご覧ください。

カンボジア - Wikipedia

 

プラン&事前やり取り 紹介

今回の旅行には私と友人の二人で行ってきました。

日取りとしては12月31日朝の関西空港出発からの1月3日朝の関西空港到着です。ただ最終日は朝の9時到着なので実質2泊2日みたいなもんですね。

ちなみに直行便ではなくベトナムホーチミン空港経由便を使っています。空路としては下の画像みたいな感じです。

f:id:bearu:20170129044601p:plain

 

行った場所は場所はカンボジアシェムリアップ、要はアンコールワットのような遺跡群の観光です。

 

 

てな訳で本題!今回の旅行をトピックごとに、時系列順で書き出してみました。よかったら参考にしてください!

 

計画~出発予定日二週間前まで(〜12月18日

①スケジュールから現地滞在日数決定&それを元に旅行会社の決定

 ↓

②入金手続き&パスポートのコピー提出 

 ↓

③海外保険&旅行の契約書に署名し提出

 ↓

④ビザ発行

 

旅行初日(12月31日

関西空港にて

 □旅行代理店指定窓口にてe‐チケット受け取り

 チェックインカウンターで荷物預け&旅券受取り

 出国審査

 ↓

ホーチミン空港にてトランジット審査 

 ↓

③飛行機内にて「出入国カード」「税関申告書」の記入

 ↓

シェムリアップ空港にて

 入国審査

 荷物受け取り&書類提出

 ↓

⑤ホテル送迎バスへ乗り込み(現地スタッフ誘導あり

 ↓

⑥ホテル

 現地スタップより今後の説明(注意事項、最終日集合場所等

 年越しディナー&ショー

 ↓

⑨今後の予定決め

 

旅行二日目(1月1日

①ホテルでトゥクトゥク手配&一日契約

 ↓

世界遺産遺跡群入場チケット購入

 ↓

アンコールワット観光 

 ↓

④アンコールト観光

 ↓

⑤タプローム観光

 ↓

⑥オールドマーケット周辺散策、夕食&買い物

 ↓

⑦ホテル到着

 

旅行三日目(1月2日

①ホテルでトゥクトゥク手配&一日契約

 ↓

国立博物館見学

 ↓

③ベンメリア観光

 ↓

世界遺産遺跡群入場チケット購入

 ↓

⑤プノン・バケン観光

 ↓

⑥ホテル到着

 ↓

シェムリアップ空港へ送迎バス

 ↓

シェムリアップ空港にて

 チェックイン&荷物預け

 出国審査

 ↓

ホーチミン空港にてトランジット審査

 

旅行4日目(1月3日

関西空港到着

 入国審査&荷物受取り

 

 ↓

天王寺動物園観光

 

振り返って思い出し

シェムリアップの遺跡群は東南アジアでは珍しい世界遺産ですし、他では絶対に見れない景色なので非常に人気の観光先らしいです。

だから街自体は観光で成り立っているような場所です。確かにあまり発展はしてないですが、人の活気がすごいです。

あと声を大にして言いたいんですが、他のアジアの国々と違いそこまで商魂たくましい方々はおりません。比較的治安もよく、快適に楽しめます。

 

あ、あとホーチミン空港のトランジット入り口は非常にわかりづらくて、中も倉庫部屋みたいな小ささなので要注意です。

 

現地の言語

シェムリアップでは英語が普通に通じます。上の通り観光業の街なんで、言語についてもグローバルなんでしょうかね。

ただ、ここで不安を感じる必要はありません。完璧な英語は全く必要なく、レベルで言うなら中学生レベルで十分です。
今回の旅行では半分以上を私が現地の方とは話してましたが、そもそも私の英語は中1レベル。 それでもどうとでもなりますので不安になる必要は全くございません(笑)

 

費用

16万+現地費用+空港までの交通費

現地費用は2万円程度で収まると思うので合計18万ですね。それと交通費です。

あくまで年末年始&観光シーズンでの値段です。時期外せば1/3程度まで安くなります。 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。あくまでフリープランでの旅行の流れなのでパッケージプランと全く同じではないかもしれません。 

みなさまのご旅行予定決めの参考になればこれ幸いでございまする!

 

 

人生の使い方。

ジャスさん、ふとお思いました。


まじでクソみたいな生活してるなと。




社畜って意味、最近になってわかってきたのかもしれないです。

人は毎日仕事に命を燃やします。生きていくためにはお金が必要だから。働くってことはお金を生むための行為でしかないんです。 

みんなそうですよね。それはもちろん理解してます。でもふと将来の自分が頭を巡ったとき、僕は無性に怖いんです。

仕事をやっててふと5年後10年後の自分を想像して見ると後悔している姿しか思い浮かびません。
 
いろんな価値観に晒されて理不尽に怒られる。
そもそも仕事量が多すぎる上に現場の声は建設的でないと無視され、業務改善の見込みが全くない。
人付き合いがあまりにも多すぎて精神が摩耗する。

何かしら壊れた自分しか想像できません。

心のジャッスさんにも相談してみました。
彼は先週まで給料に比べたらこんなちっぽけな悩みどうでもいいと思っていたとのこと。 でも、彼も今は僕と同じ考えになったそうで。 

話し合いの中で答えはある程度固まりました。



じゃあどうするよって。

まずは時間を有意義に使うことから始めなきゃ
てなわけでジャスさん重い腰上げて勉強します。

この気持ちを忘れないために記録に残します。

PSO2久しぶりにはじめまして

社会人になってわかりましたが、

オンラインゲーム地獄です。(いきなり!?

f:id:bearu:20170123232242p:plain

ログインしようとしたら旧ワンタイムパスワード(一分ごとに変化する数字6桁のパスワード)は不具合でやめましたとか書いてあって、しかも変更手続きはもうメールでの人力操作しか受け付けてません(5ページぐらい跨がせて結局ニュアンスしかわからないような答え方)っていう。。。 

 しかもゲーム内ショップ取引パスワードもわかんないので使えないしと何とも言えないもどかしい気分の今日この頃。

 

 初っ端から脱線してますが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。僕は元気です。

 

pso2とは

こんなわけで7~8ヶ月ぶりにログインしてみました、pso2に。

そもそもpso2とはなんぞやって人に説明するとこれです。


phantasystar.sega.jp

アニバーサリーのアニメやってたんでこれを見てください。広いネットの海ならどこかに転がってるんじゃないでしょうか。このサイト見る時間あるなら多分アニメ見る時間ぐらいあるでしょうきっと。

 

ということで見ながら読んで下さいね。

 

 

~~アニメちゃんとみてね!~~

 

 

 

てなわけで、ジャンルとしては複数人参加型オンラインゲーム、またの名をMORPGのゲームです。

形式としてはモンハンみたいなクエスト形式なんだけど、この形式自体がそもそもPSシリーズが元祖だったりします。そういう意味では業界最大手のゲームですね。すばらしいな、君は。

 

ちなみに現実にはないけど、アニメのSAOは大人数参加型オンラインゲームまたの名をMMORPGと呼ばれるジャンルのゲームです。

これはかなり自由に歩き回れるオープンフィールドのなかでワイワイしたり、激強ボスを何十人もで協力しながら倒すみたいなゲームです。(実は僕が好きなのはこっちのジャンルなんですが、めちゃくちゃ時間泥棒で以前やってたマビノギを超えるゲームにまだ出会えないのでやってないです。

 

自キャラの紹介&見た目変更してみたの巻

まずは自キャラの紹介。僕の人生1400時間を共にした相棒くん。戦ってるっていう世界観大切にしたくてアクセサリを一杯つけてます。

隣にいるネッキーはモーハンで言うところのオトモアイルーです。友達からもらった有料パスで見た目変更してます。

で、せっかくなので今回を気に整形手術(ゲーム内名称:エステ)してみました。

f:id:bearu:20170123231930p:plain

これが

f:id:bearu:20170123232018p:plain

こうじゃ

どうじゃ。イカすじゃろ?

 

。。。本題の愚痴まで全然たどりつけねぇぞ。

ながくなるのでまた今度。まずははじめたよっていう報告だけ。

 

 

超快適】アイマスクとネックピロー

f:id:bearu:20170123173212j:plain

関西空港からカンボジア2泊3日で旅行に行きました。

 

出発は朝だったんですが、前日東京に予定があったわけで、新宿行‐天王寺着の夜行バスに乗りました。新宿バスタかなり綺麗でした。新しいし当たり前だけどさ。

 

 でも値段は8900円。時期が時期だけに糞高けー。。。。

まぁそんな話はおいといて今日の記事は人生で初めて使用してみましたって話です。

 


購入場所

ドンキ

買ったのは夜。それも出発数時間前なんですが、池袋に友人といた時に買いました。

 

池袋でそういうの売ってそうなお店って時点で、まぁ僕はドンキしか知らないわけで、光に集まる蛾の一匹のように吸い寄せられました。えぇ。

 

 海外旅行?出張?してる友人のアドバイス。曰く

 アイマスクはあった方がいい。

 ネックピローは必要な人には必要だが、なくてもいい。」

 

とのことでした。 

検討の結果、過去首が痛くなった経験があるので両方買うことに。その写真がこれ。

 

 

種類 

僕には人がごった返す店内で写真を撮るという勇気を持ち合わせておりませんでした。。。 というわけで文章にて軽く説明を。

 

場所は二階のコスプレエリア周辺棚の側面に掛かっておりました。種類はそれぞれ5種ほど。

黒系とパステルカラー系。値段も1000円しないぐらいでまとまっております。本気そうなものは売ってませんでした。

 

んで、僕は汚れを気にして黒色にしたんけど、バックの中から探すこと考えたらパステルカラーもワンちゃんあると思います。

(というか使ってて分かりましたが黒でも意外と汚れ目立ちました。だめじゃん。

 

その後友人のお買い物についていって、途中で時間になったのでお先に失礼しましたしたとさ。割りと出発時間ギリギリになってしまい焦ったのはここだけの話。

 

 

使った感想

アイマス

すげーっす。かけると強制的に目の前が真っ暗になるからスマホを使おうとすら思わなくなる。 出不精で意思力の弱い僕にはぴったりです。

 

ネックピロー

ところがネックピローは、正直そこまで効果を感じず。おそらくストレートネックの僕が異端なせいなんだけど、首が下に落ちてた時そこにクッションないので支えがない≒何もないのと一緒。


ただ、そう思って何もない状態で寝たらやっぱ首痛くなった。ということで多少なりとも効果はあった模様。

 

使ってわかった購入時気を付けること

アイマス
鼻上の隙間埋めの布が入っているか
ゴムの締付けがきつすぎ、緩すぎていないか
蒸れにくい素材か

ネックピロー
空気式かビーズ式か
空気式の空気の入れ方
硬さ、フィット具合
自分の癖とあった物か