べアルさんの『絶対』ブログ

ジャスブロ.jp

だらだら文章書いて何がいけないんですか!? ねぇ!?

リボルテックヤマグチ No.52 ラゼンガン

 

 

以前の記事で紹介したとおり、リボルテック天元突破セットを中古購入しました。

期待してなかったんですが超かっこいいのて ラゼンガンもポージング写真と合わせて紹介してみます。

bearu.hatenablog.jp

 

 

 

今ではグレン&ラガンをしまってグレンラガンと一緒にこんな感じで飾っています。

買ってよかったです。

 

ではポージング写真をどうぞ。

リボルテックヤマグチ No.119 グレンラガン のはずが。。。

急にグレンラガンのフィギュアが欲しくなり買いました。

 

 アニメ自体は2008年で当時お金がなかった僕フィギュアなんて買えませんでした。 2部作の映画だってなけなしのお金使って涙目で見に行ったんですよ。

 

てな訳で思い出もあって、リボルテックヤマグチ No.119 グレンラガンがどうしても欲しくなりまして、ただこれは中古でもめちゃんこ高いので、だったらと

 

リボルテック 天元突破グレンラガンセット

リボルテック 天元突破グレンラガンセット

 

リボルテック天元突破グレンラガンセット を買いました。

ちなみにラセンガンの過去記事貼っときます。

bearu.hatenablog.jp

 

 

 セットで色々入っててほとんど値段が変わりません。やったじゃん!単品買うとかそんな馬鹿いんのかよって思ってました。

  

でもこれは完全に僕のミスなんです。

なにがって?。。。。

 

 

メタリックカラーでした。。。

というのも僕グレンもってるんですよ。単体だけならいいんですけどグレンと並べると色の違いが気になって仕方ないという。

 

下の画像は一枚目が今回の買ったグレンラガンの足。二枚目は前から持ってたグレン&ラガンの足で、三枚目の比較画像で見比べればわかりますが全然テカリが違う。

 

 

でも単体ならより高級感が出て、かっこいいポーズをとらせるとやべぇっすよ。

というわけでポージング写真を貼って終わります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

部屋の片付けがいくらやっても終わりません

部屋がきれいになりません。

 

 

 

主に新しくものを買ったときの過剰梱包が原因ではありますが、ダンボールや取説等が地面に転がっています。

 

 

 

 

 

合わせて、テレビスピーカーギター2本レコーダーパソコンモニタータブレット2in1pc携帯充電器本書類と一部屋に収まらない量をいろいろ集めてしまったのでもうスペース的に限界が来ております。

 

 

 

 

 

今日も掃除をしますが来週も掃除しているでしょう。

 

 

 

 

 

そんな週末であります。

 

 

 

 

カンボジア旅行プランの紹介

12月31日から1月3日にかけて、カンボジアに行ってまいりました! いやー楽しかった!


そんなわけで皆さんにもこの楽しさ味わって頂きたいので、背中を押せるような記事を作って行ければと思っています。 みなさんも行きましょう!カンボジアに!

 

 

カンボジアの概要

そもそもカンボジアとは…うn。

僕が説明するまでもないですね。非常に細かく乗ってますのでwikiをご覧ください。

カンボジア - Wikipedia

 

プラン&事前やり取り 紹介

今回の旅行には私と友人の二人で行ってきました。

日取りとしては12月31日朝の関西空港出発からの1月3日朝の関西空港到着です。ただ最終日は朝の9時到着なので実質2泊2日みたいなもんですね。

ちなみに直行便ではなくベトナムホーチミン空港経由便を使っています。空路としては下の画像みたいな感じです。

f:id:bearu:20170129044601p:plain

 

行った場所は場所はカンボジアシェムリアップ、要はアンコールワットのような遺跡群の観光です。

 

 

てな訳で本題!今回の旅行をトピックごとに、時系列順で書き出してみました。よかったら参考にしてください!

 

計画~出発予定日二週間前まで(〜12月18日

①スケジュールから現地滞在日数決定&それを元に旅行会社の決定

 ↓

②入金手続き&パスポートのコピー提出 

 ↓

③海外保険&旅行の契約書に署名し提出

 ↓

④ビザ発行

 

旅行初日(12月31日

関西空港にて

 □旅行代理店指定窓口にてe‐チケット受け取り

 チェックインカウンターで荷物預け&旅券受取り

 出国審査

 ↓

ホーチミン空港にてトランジット審査 

 ↓

③飛行機内にて「出入国カード」「税関申告書」の記入

 ↓

シェムリアップ空港にて

 入国審査

 荷物受け取り&書類提出

 ↓

⑤ホテル送迎バスへ乗り込み(現地スタッフ誘導あり

 ↓

⑥ホテル

 現地スタップより今後の説明(注意事項、最終日集合場所等

 年越しディナー&ショー

 ↓

⑨今後の予定決め

 

旅行二日目(1月1日

①ホテルでトゥクトゥク手配&一日契約

 ↓

世界遺産遺跡群入場チケット購入

 ↓

アンコールワット観光 

 ↓

④アンコールト観光

 ↓

⑤タプローム観光

 ↓

⑥オールドマーケット周辺散策、夕食&買い物

 ↓

⑦ホテル到着

 

旅行三日目(1月2日

①ホテルでトゥクトゥク手配&一日契約

 ↓

国立博物館見学

 ↓

③ベンメリア観光

 ↓

世界遺産遺跡群入場チケット購入

 ↓

⑤プノン・バケン観光

 ↓

⑥ホテル到着

 ↓

シェムリアップ空港へ送迎バス

 ↓

シェムリアップ空港にて

 チェックイン&荷物預け

 出国審査

 ↓

ホーチミン空港にてトランジット審査

 

旅行4日目(1月3日

関西空港到着

 入国審査&荷物受取り

 

 ↓

天王寺動物園観光

 

振り返って思い出し

シェムリアップの遺跡群は東南アジアでは珍しい世界遺産ですし、他では絶対に見れない景色なので非常に人気の観光先らしいです。

だから街自体は観光で成り立っているような場所です。確かにあまり発展はしてないですが、人の活気がすごいです。

あと声を大にして言いたいんですが、他のアジアの国々と違いそこまで商魂たくましい方々はおりません。比較的治安もよく、快適に楽しめます。

 

あ、あとホーチミン空港のトランジット入り口は非常にわかりづらくて、中も倉庫部屋みたいな小ささなので要注意です。

 

現地の言語

シェムリアップでは英語が普通に通じます。上の通り観光業の街なんで、言語についてもグローバルなんでしょうかね。

ただ、ここで不安を感じる必要はありません。完璧な英語は全く必要なく、レベルで言うなら中学生レベルで十分です。
今回の旅行では半分以上を私が現地の方とは話してましたが、そもそも私の英語は中1レベル。 それでもどうとでもなりますので不安になる必要は全くございません(笑)

 

費用

16万+現地費用+空港までの交通費

現地費用は2万円程度で収まると思うので合計18万ですね。それと交通費です。

あくまで年末年始&観光シーズンでの値段です。時期外せば1/3程度まで安くなります。 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。あくまでフリープランでの旅行の流れなのでパッケージプランと全く同じではないかもしれません。 

みなさまのご旅行予定決めの参考になればこれ幸いでございまする!