べアルさんの『絶対』ブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャッスさんの『絶対』ブログ

だらだら文章書いて何がいけないんですか!? ねぇ!?

発声の基本

自分用なので わかりづらくてもあしからず。

 

呼吸、声帯、共鳴腔

発声とは言うものの、原音は声帯からしか出ない。 呼吸によって声帯が震えて共鳴腔によって増幅されて声になる。

 

つまり、発声は 「呼吸」 「声帯」 「共鳴腔」の3分野に分類できる。

 

ただし、あくまで簡略化したらというだけで、厳密には分類できない。例えば声帯に付近の筋肉は共鳴腔を広げる筋肉にも影響するし、呼吸だって呼気圧の強弱でで声帯に影響がある。

 

例えると…ギター

f:id:bearu:20161204133020g:plain

ギターの音のメカニズムを絵にてみました。①手で弦を弾く ②弦から音を出す ③ボディで音を増幅させる。実は発声もこれと同じ。

 

f:id:bearu:20161204133525g:plain

最初の3要素が順番に動いて最終的に声が出る。ちなみに僕自身で描いた絵なのでパクんじゃないぞ。

 

重要度 というか難易度

重要度をつけるとしたら。。。とおもったけどジャンルで違うか。

 

けど、各要素ある程度の合格ラインまで達する難易度で言うと圧倒的に声帯だとおもう。というのも、これらの要素に関わる器官って基本的にそれだけのために存在してるわけじゃないからね。

 

そういう意味で声帯は肺に食べ物が入らないようにっていう生命に関わるより重要な機能があるし、しかもその機能が発声と相反する動きだったりするわけなので。

 

必然的に声帯の使い方って非常に難易度高いと思う。

 

個人的には声帯 >>>>> 共鳴腔 > >>呼吸くらいに考えてる。

広告を非表示にする